アラ還ママの子育て回想日記と日々のあれこれ

アナログ感たっぷりの昭和な子育て・・時々日常

特別な新年度と北海道の4月

新年度に入り、あっという間に半月…

この時期、毎年バタバタ過ごすのがいつもの事だけれど、今年はひと味違う新年度を迎えた。

 

長いこの生活も残り1年…ついに、最後の1年。

いつもの仕事が、全てここでの最後の仕事となる。

そう考えると、とても感慨深い。

 

新人研修も、看護学校の先生との打ち合わせも、毎年面倒だなぁと思ってた書類作成でさえ、最後と思えば丁寧にできる。

いつもギリギリで、お尻に火がつかなければ動けなかったはずなのに…

 

最後の仕事をしながら、次に引き継ぐ後輩が困らない様、それぞれの資料をキレイに纏めたり、年間行事とやる事リストをその都度書き込んでいるので、色々なことを思い出す。

断捨離しながら、写真や手紙に見入って懐かしむ感じと似ているのかもしれない。

 

気温が高くお天気の良い日が続いていたのに、今朝起きてカーテンを開けると一面の雪。

f:id:mamachitan:20210415225915j:image

4月15日の朝の庭

 

北海道の4月は、春の前で冬が名残惜しいのか少し足踏みをする。

 

それでも福寿草やクロッカスは咲き始め、ふきのとうも大きくなってきた。

先週は富良野の山道でふきのとうを採り、ふきのとう味噌を作った。

f:id:mamachitan:20210415230456j:image

春の味覚♬大きくなり過ぎないタイミングが難しい

 

そして今日4月15日は

娘夫婦に待望の女の子が生まれた。

f:id:mamachitan:20210415232054j:image

お守りたちと入院

 

色々な方からたくさん頂いたお守りと一緒に入院し、毎日10キロのお散歩とお守りのお陰で初産なのに4時間1分の超安産。

 

娘と赤ちゃんには、本当によく頑張りました…ありがとう…と心から思う。

f:id:mamachitan:20210415233703j:image

超笑顔の娘と生まれたての赤ちゃん

 

生まれてきた赤ちゃんは、これからの未来を生きるんだな…私が見られない未来を…と、今年最後の1年を迎えた同じ干支のバァバは、ここでもまた感慨に浸るのであります…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんから教えられたこと〜Yさんとの思い出〜

今でも忘れられない患者さんの事を時々思い出す。

Yさんは80代前半の男性で、いつも笑顔で穏やかな患者さんだった。

綺麗な白髪に色白だったので、遠くから見ると1人だけ別世界の人みたいに見えた。

 

10年ぶりに看護師として再就職した当時の私は、慣れない三交代勤務と子育てに追われる日々の中、Yさんのところへ行ってお話しする事が癒しになっていた。

受け持ちの時はもちろん、受け持ちじゃない日もYさんのお部屋に顔を出し、穏やかでなんとも言えない「気」のようなパワーを受け取ると、元気が出た。

 

Yさんは戦争体験者で、戦時中は通信兵をしていたそうだ。

「僕は生き残ったけど、僕の同期やもっと若い後輩たちは、みんな死んでしまったんだ。みんなが生きれなかった命を僕が貰ったと思って感謝しながら生きてきた。それにしても随分長生きしたよなぁ」

 

胆管系の疾患で入院していたYさんは、日を追うごとに、少しずつ病状が進み、色白の皮膚に少し黄染が出てきた。

真っ白だったYさんが、少し黄色味がかってきたことが、分かってはいたけれどショックで悲しかった。

 

経皮経肝胆道ドレナージのチューブを挿入すると、これで大丈夫と笑顔を見せ、数日後金婚式の記念写真を撮りに写真館へ外出することになった。

チューブの先端に付けた排液ボトルを入れた袋を、買い物袋のように持って「行ってくるね!」と手を振り奥様と外出した笑顔は、今でも目に焼き付いている。

 

それからYさんの病状は悪化していった。

痛みも出てきて、せめて苦痛を取り除くために痛み止めを使って欲しいと思ったけれど、Yさんは「まだ大丈夫」と、決して薬は使わず、じっと痛みに耐えているように見えた。

 

その後も、幾度となく痛み止めを勧めても、大丈夫、大丈夫…と、笑顔まで見せてくれる。

痛み止めを使ってもらうにはどうしたらいいんだろう…

残り少ないYさんの時間が、痛みを我慢する事で終わってはいけない、少しでも苦痛を取り除く事が重要だと思っていた。

 

私だったら残り少ない時間をなるべく苦痛なく穏やかに過ごしたいし、家族にもそうあって欲しい。

 

ある日Yさんに、何故痛み止めを使わないのか、私はYさんに少しでも楽になってもらいたいから、痛み止めを使って欲しいと伝えた。

 

すると、Yさんは

こんな痛みを痛いと言って、薬を使う訳にはいかない。

僕の同期や後輩達は、弾に撃たれても何の治療もしてもらえずに、痛い痛いって言いながら死んでいった。僕はみんなの生きれなかった命をもらって生きてきたんだから、こんな痛みを我慢できなかったら、あの世でみんなに顔向けできない。

だから、痛み止めは使わない。

 

ものすごい衝撃だった。

大袈裟ではなく雷に打たれたくらい衝撃を受けた。

 

YさんにはYさんの生きてきた歴史があり、信念がある。

私だったら、私の家族だったらどうして欲しいか…は、押し付けでしかなくて、この方はどうしたいのか、どうして欲しいのか…を考えられなければダメなんだという、看護師として大切な事をYさんから教えられた。

 

Yさんは意識がなくなるまで痛み止めを使わなかった…

f:id:mamachitan:20210316162329p:image

 

天国で、昔の仲間からよく頑張ったなぁ、大したもんだと褒められて、あの笑顔を見せていたに違いないと、20年以上昔を思い出しながら、今でも切ないながら温かい気持ちになる。

 

そのうち会うことができますね…

ありがとうYさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいすきーむにゅむにゅ…魔法の言葉

娘が春から年長さんになる年の1月に仕事を始めた。

それまで通っていた幼稚園から保育所へ移り、朝から夜まで保育所で過ごす生活は、5歳だった娘にとっては大きな環境の変化。

寂しくて辛かったろうな…と思う。

 

保育所の玄関まで送り、必ず行う儀式があった。

 

だいすきー

むにゅむにゅーむにゅむにゅー

あくしゅ

パンパンパン

 

ハグして「だいすきー」

ほっぺを右と左くっつけながら「むにゅむにゅ・むにゅむにゅ」

両手を繋いで「あくしゅ」

お互いの手のひらを3回合わせながら「パンパンパン」

 

これをすると、娘は満面の笑みで保育所に入っていったし、私も仕事頑張ろう!と元気が出て、魔法の言葉だなぁと思った。

f:id:mamachitan:20210306112332j:image

今思えば、お互い触れ合って、幸せホルモンのオキシトシンが分泌されてたのかもしれない。

タッチケアかな。

今ではペットのわんちゃんとも、触れ合うとオキシトシンが分泌されると言われてるくらいですから。

 

このことを思い出して、娘に覚えてる?って尋ねると

「もちろん覚えてるし、寝る時も必ずしてたしょ。寝る前に忘れて階段の上と下でエアむにゅむにゅもしたよ。」と笑っていた。

 

そんな事もあったっけ。

私の方が忘れているんだなぁ。

 

来月ママになる娘は、我が子とどんな思い出を紡いでいくんだろう…

これから始まる日々に、ちょっぴり私も仲間入りさせてもらおうと胸を膨らませています。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

厄祓いと定山渓温泉

丑年生まれの私は今年、年女。

ついでに還暦を迎える。

 

高校同期の友人と北海道神宮へ厄祓いへ行ってきた。

予約不要で服装は自由。

こんなに気軽にご祈祷が受けられるのかと驚いた。

 

f:id:mamachitan:20210221110803j:image

f:id:mamachitan:20210221111021j:image

🔺北海道神宮

 

社務所で手続きをし、お宮参りの可愛い赤ちゃんとパパママさんや若い厄払いカップルに混じって貫禄の3人。

 

ご祈祷が始まり、名前と年齢を読み上げられると…

「〇〇〇の〇〇〇〜 61さぁーい。」

この前59歳になったんだけどなぁ(・・;)

数え年だから61歳なのか…

アラ還だのなんのって、なんとなくふんわり包み込んでいた現実を、ホレ、ちゃんと受け入れなさい!と突きつけられた感じがした。

 

隣の友達がくっくっと笑っている。

みんなも仲良く61歳ですからね(笑)

 

ご祈祷が無事終了して、御神酒などと一緒に頂いたお守りをお財布に入れ、何となくホッとした。

 

翌日は娘と2人で定山渓温泉へ。

 

新型コロナの自粛続きで、去年の11月から殆ど出かけることもなく、2月に予定していた奈良の長谷寺伊勢神宮への旅もキャンセル。

 

2月は娘の誕生月で、いよいよ30歳になった。

娘が30歳とは…

4月にはママになる予定で、母娘の2人旅はこれを最後に当分の間は行けないだろうと、なるべく人と会わない、こじんまりとした食事の美味しい宿を見つけて行くことにした。

 

f:id:mamachitan:20210225190104j:image

f:id:mamachitan:20210226142450j:image

🔺川に近い温泉旅館で、鴨が時々遊びにきていた

 

宿泊客は私たちを含め4組。

温泉は洗い場が3箇所だけの、小さいお風呂だったけれど、源泉掛け流しでいいお湯だった。貸切風呂状態で、お喋りしながらのんびりと温泉満喫♬

 

f:id:mamachitan:20210225190627j:imagef:id:mamachitan:20210226142231j:imagef:id:mamachitan:20210226142250j:image

f:id:mamachitan:20210225190709j:imagef:id:mamachitan:20210226142311j:imagef:id:mamachitan:20210226142326j:image

 

お料理は評判通りで、出されたもの全て美味しく頂いた。

注文があるとしたら、釜飯に入っているフォアグラが半分の量でもよかったかなという、贅沢なもの(高級品は食べ慣れていないもので…)

 

ホテルの方と、話の流れで娘の誕生日祝いだと伝えると、とっても美味しい白と赤の葡萄ジュースをサービスしてくれた。

お心遣いに感謝。

 

f:id:mamachitan:20210226142826j:image

f:id:mamachitan:20210226182446j:image

🔺私と娘が、札幌で1番好きなパテスリィシイヤのケーキ。誕生日のケーキ代わりに❤️

 

 

次にママと2人で旅行に来れるのいつになるのかなぁ?

 

そーだね…

子育てがひと段落して余裕が出来る頃だから、20年後?

ママが80歳、あなたが50歳かな。

と、答えたが…

 

前日に北海道神宮で、61歳と聞いた時と同じような「そんな?!」って感じの衝撃だった。

 

今年の11月。

誕生日を迎える前と後は、昨日から今日へ変わるだけなのに、やっぱり暦が一巡した日は特別な感じがするのかなぁ。

楽しみなような、怖いような…でも、ちょっとわくわくしています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナス11℃の立春

今日は立春

なのに、朝から吹雪で最高気温が−11℃。

仕事を終え、雪だるまになった車の雪をおろして家に着くと、家の前は吹き溜まりで、また雪かき(涙)

手がすっかりかじかんで、暫くジンジンしていた。

 

でもね。

確かに春は近づいている…

 

たとえ一面真っ白の雪に覆われていても、仕事が終わる17時、うっすら明るくなってきた。

 

冬至の頃にはあっという間に日が暮れ、15時半には薄暗くなる北海道。

 

道産子の私にとっての冬至は、これから少しずつ日が長くなり、春へと舵を切る記念すべき転換点。

実際は、そこからが本格的な冬なのだけれど、そんな事実より、折り返し地点まできた事が純粋に嬉しい。

 

寒さと雪に閉ざされた半年の後にやってくる待ちに待った春は、福寿草から始まり一気に春の花が咲く。

まさに百花繚乱。

 

4月から5月にかけて見られる春紅葉も、北国の春を感じられる景色で、この後、眩しい新緑の山となる。

f:id:mamachitan:20210203204603j:image

🔺春なのに秋の紅葉時期のように見える山(2020年5月17日)

 

窓の外を見ると真冬のように雪が降っているけれど、暦は春に一歩ずつ近づいているんだな…と思うだけで、春を想像して何だかウキウキしてくる。

 

春を待ちわびる道産子のDNA?

 

まだ2ヶ月は先だけれど、本当に待ち遠しいです。

 

オトナの境目はどこ?

子供の頃は、大人になればオトナになれると、当然のように思っていた。

成人式を迎える頃は、30歳の自分は素敵なオトナになってるに違いないと信じていた。

 

で、30歳になった11月1日。

ただ、昨日から今日になっただけだった…

30歳の素敵なオトナの私はどこ?

 

2人のママにはなっていたけれど、ハタチの頃に想像していた「余裕があって落ち着いて、考えをしっかり持っている」自分の姿とのギャップにとてもがっかりした。

がっかりしながら、なんでだろ…と、子供の頃から遡り、その時々に何を思い何を考えていたのか記憶を辿ってみたら…

 

変わってない…

ぜーんぜん、変わってない。

 

高校生の頃の自分が感じたり考えたりした事とほとんど変わらない…根っこは同じ。

もっと言えば、中学生の頃とも。

人は簡単に素敵なオトナになれないんだと気付いた、記念すべき30歳の誕生日だった。

 

それから30年。

 

その長い時間の中で、色んな経験をした。

職場で「ピンチはチャンスだよ!」と言ったら「そうですよねー!でも、ピンチ多すぎません⁈」と言われて、爆笑した事も。

そんな時間を過ごしながら、多少の肉付け(身体じゃないですよ!!身体もだけど…)ができ、何となくオトナの体を成してきたように思うけれど、既にアラ還。

 

先日地元の温泉へ行った時、夕方なのにマイナス17℃だった。

さすがにマイナス17℃の日に露天風呂の経験はなく、裸でマイナス17℃の体験!!なんて、心の中で思いながら、サウナの水風呂代わりに露天へ出ると、全身から湯気が立ち上る。

おー、まるでスーパーサイヤ人

 

スーパーサイヤ人並みの湯気が面白くて、いつもより2回も多くサウナに入った。

 

60歳間近になっても、こんなもんですよ…

理想のオトナって、あくまでも理想ですね。

f:id:mamachitan:20210116113456j:image

🔺雪をかぶってお地蔵さんのような冬囲いのブルーベリー

 

 

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

サンタさんがくれたタブレットと春馬くんと結子さん

もうすぐクリスマス…

いつもはクリスマスの名の下、女子飲みなんかで盛り上がるけれど、今年は本当のサイレントナイト。

 

雪に閉ざされ、コロナ自粛と共に本格的なお篭り生活に突入すると、何だかもの悲しい。

 

夏から秋はアウトドアで景色を楽しめたのに、あの山々も白一色の世界になってるんだろうなぁ。

f:id:mamachitan:20201222181006j:image

🔺富良野haluカフェからの景色

 

日が短く太陽を浴びないから、ウツウツした気分に拍車がかかる。

f:id:mamachitan:20201221124429j:image

🔺赤平温泉から見た夕暮れ時

 

そんな私に一足早いサンタさんがやってきて、生まれてはじめてタブレットなるものを手に入れた。

 

iPhone 6sを使っているので、おうち時間の動画もzoom研修も小くて見づらかったけれど、なるべくあるモノで済まそうって生活を実行中のため、買い替えるとか、買い足すなんてことは全然考えていなかった。

 

でもね「サンタさんから」ですから…←という事にして(笑)

 

タブレットの設定はスマホと連動して簡単そうなのに、肝心のパスワードを忘れ、自分で回答したはずの質問事項にも答えられず、あえなく玉砕。

 

悪戦苦闘、倒れそうになりながら何とか設定終了し、必要なアプリもダウンロードした。

 

さてさて…使ってみることに。

 

5月の連休から継続中の筋トレダンス師匠である、YouTubeのまりな先生は、素敵な笑顔がハッキリ大きく見えて、おー!やっぱり可愛い♬

 

小さい画面じゃ映画を見たところで…と、勧められても躊躇していたAmazonプライムにも登録してみた。

 

これなら休日のお篭り生活に、ちょっとした希望が持てそう。

 

早速、映画みようかな…と、リストを見ると沢山あって迷う迷う。

 

普段はあまり観ないような映画を…と探し、アハハと笑えて気楽に観れそうな「コンフィデンスマンJPロマンス編」を見ることにした。

TVドラマは殆ど観ないので、TVドラマの映画化だとは知らなかった。

f:id:mamachitan:20201222190558j:image

Amazonプライムビデオより

 

役とはいえ、長澤まさみちゃんの変身加減に驚き、単純に笑えて楽しめる映画だったけれど、映像の中に素敵な笑顔や表情の三浦春馬くんと竹内結子さんがいて、何とも言えない気持ちになった。

 

エンドロールで2人の名前が並んでいたのも切なくて、もしコロナ渦じゃなかったら、2人は今も生きてたんじゃないだろうか…と思ってみたり。

 

誰かに会って愚痴ったり相談できたら、救われたかも知れないのに、気軽にできない状況と立場だったからなぁ…と考えてみたり。

 

笑えて楽しめる映画なのに2人の姿や名前を見ていると、つい親の気持ちになり悲しくなった。

 

でも、映画の中の2人はとても生き生きとして素敵なお芝居をしている。

 

あの時あの瞬間に間違いなく存在していた。

きっとたくさんの夢や、やり甲斐を感じながら…

 

彼らの作品を観て、感動したり泣いたり笑ったりしつつ思いを馳せる事が、きっと天国で1番喜ぶに違いない…と、思うことにした。

 

コロナ渦でなければ、多分手にしないタブレットで、今まで選ばなかった映画や音楽を気軽に観たり聴いたりしながら、何かを感じる事ができそうな気がします。

 

サンタさん、ありがとう\(^o^)/

 

お題「#買って良かった2020